So-net無料ブログ作成
絵本のこと ブログトップ
前の10件 | -

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんたちのクラスへ・・・

今日読んだ本は・・・
前回に続いて、

ふわふわくもパン

ふわふわくもパン

  • 作者: ペク ヒナ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03/31
  • メディア: 大型本


「たべてみたーい!」ときらきら目を輝かせていました。
今回は食べ物シリーズにしてみました。
続いて読んだのは・・・


にくまんどっち?

にくまんどっち?

  • 作者: 苅田 澄子
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 大型本


どっちが肉まんか対決するお話です。
最後はさてどうなるかな?

続いて読んだのは・・・

きつねうどん たぬきうどん

きつねうどん たぬきうどん

  • 作者: 古内 ヨシ
  • 出版社/メーカー: 大日本図書
  • 発売日: 2018/02/01
  • メディア: 大型本


こちらもどっちがおいしいか対決になるのですが、
子ども達にどっちが好きか聞いたら、
「ぼく、らーめん」
「ぼく、カップらーめん」
という返事が・・・
やっぱりラーメンが人気のようです。
私自身は最近「糖質制限」しているので、しばらくうどんは食べていませんが、
釜揚げうどんが食べたいな・・・[るんるん]
コメント(0) 

昨日の読み聞かせ [絵本のこと]

昨日は久しぶりの6年生のめんこちゃん[るんるん]

3年生くらいまでは、一番前を争うように座っていた子達も、
高学年になると「ちょっとダリ~」って感じの態度を取りながら、
座ってくれます。それも成長の証!と今となっては全てが
めんこく感じてしまうくらい私も年をとりました・・・・。

今日読んだ本は・・・

わたしのとくべつな場所

わたしのとくべつな場所

  • 作者: パトリシア マキサック
  • 出版社/メーカー: 新日本出版社
  • 発売日: 2010/09/01
  • メディア: ハードカバー



バスに乗るにも「黒人指定席」
公園のベンチも「白人指定席」
街のレストランも「白人以外お断り!」
映画館も正面からではなく「黒人入り口」と「黒人席」
そんな黒人差別を受けているパトリシアも“ある場所”だけは
入る場所もすべて差別のない場所・・・それが
「公立図書館」でした。
というお話。

子ども達には南アフリカのラグビーの話から
社会が変わっていく話を伝えました。
「そういう差別があったのは知らなかった」
「黒人が差別されるなんてひどいと思いました」
子どもなりの素直な感想をはなしてくれました。

コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃんたちのクラスへ[るんるん]

読んだ絵本は・・・

ふわふわくもパン

ふわふわくもパン

  • 作者: ペク ヒナ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/03/31
  • メディア: 大型本



かわいいねこちゃんたち家族の1日を、背景を写真で表現し、
ねこちゃんは人形で、「絵」で表現するこれまでの絵本とはまた違った雰囲気が
引き込まれる要素にもなっています。
朝起きたら雨が降っています。
弟を起こしてレインコートを着て、外へ。
木にひっかかっていた雲をお家に持って帰ってきて、
ママがパンを作ってくれました。

子ども達は出来上がったパンを見て、
「わーおいしそう!」
「食べてみたい!」と空想を膨らませながら、
目をきらきらさせて聞いてくれました。

子ども達の発想って、本当に無限で大事にしたいな!と思う
瞬間でもありました。

今日もかわいいめんこちゃんたちに会えて
楽しい時間を過ごすことができました[ぴかぴか(新しい)]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は4年生のめんこちゃんのクラスへ行ってきました[るんるん]

4年生全クラスに読んでいる絵本で、
たぶん前にも紹介していると思いますが、
今日読んだ本はコレ!

ほんとうのことをいってもいいの?

ほんとうのことをいってもいいの?

  • 作者: パトリシア・C. マキサック
  • 出版社/メーカー: BL出版
  • 発売日: 2002/05/01
  • メディア: 大型本


4年生にはちょうどいいくらいの本で、私は毎年4年生に
この絵本を読み聞かせをしています。

今日も読み始め絵本のタイトルを
「ほんとうのこといってもいいの?」と読み始めると、
一番前に陣取っている男子4人組が
「いいに決まっている!」
「同然だべ!」という反応をしてくれました。
読み始めるとクラスがしーんとなり、真剣に耳を傾けてくれています。

この絵本の主人公は何での本当のことを言ってしまって、
友達が誰も遊んでくれなくなり、悩んでいます。
お母さんに相談します。
お母さんは、本当のことを言う時、そこにやさしさや思いやりがあれば、
受けいれられることがあること。
そして、本当のことって実は素直に受けいれられないこともあること。
相手に寄り添って本当のことをいう事は、正しいこと。を教えてくれました。

最後に私は「みんなも『だってほんとのことだもん!』って言って、お友達に
ついつい言ってしまうときってあると思うけど、やさしい気持ちを持って
伝えてあげて欲しいと思って、この本を読みました。
聞いてくれてありがとう[るんるん]」と思いを伝えました。
みんなは「はい!」とお返事してくれました。
4年生くらいになると大人の話をきちんとまじめに聞いてくれるようになるので、
読む側も緊張するし、お互いに真剣勝負です。
大人も子どもから逃げないで、真剣に向き合うことで、
信頼関係が築いていければいいな、と思っています。

今日もめんこちゃんたちに会えて、心が洗われました[ぴかぴか(新しい)]
普段どんだけ汚れているのか~思い知らされる・・・[バッド(下向き矢印)]
コメント(0) 

久々の読み聞かせ [絵本のこと]

2学期が始まって、最初の読み聞かせに行ってきました[るんるん]

今日は1年生のめんこちゃんたちでした[かわいい]めんこすぎる~[揺れるハート]
1年生には必ず読んでいる絵本

でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

でんしゃにのって (うららちゃんののりものえほん)

  • 作者: とよた かずひこ
  • 出版社/メーカー: アリス館
  • 発売日: 1997/06/01
  • メディア: ハードカバー


うららちゃんが電車に乗って、おばあちゃんに会いに行く!というお話ですが、
途中からいろいろな動物たちが乗ってきます[るんるん]
次はどんな動物が来るかな~とわくわくしながら絵本を見ている様子が
なんともめんこすぎてたまりません[るんるん]
うららちゃんが降りる駅は「ここだ」駅ですが、
眠ってしまったうららちゃんが、電車を降りるまでを
ページをいっぱい使って表現しています。
そのハラハラドキドキ感が、子ども達を絵本の世界に引き込んでくれます。
その息使いが聞こえてくる感じが、教室の一体感となって伝わってきます。
ああぁ~めんこいじゃ~[揺れるハート]
コメント(0) 

久しぶりの読み聞かせ♪ [絵本のこと]

今日はひさしぶりの読み聞かせでした。
選挙でバタバタしていたので、しばらくお休みしていましたが、
久しぶりに子ども達の元気な姿に会うことができました。

今日は5年生のめんこちゃん[るんるん]
読んだ本はコレ[本]

徂徠どうふ 講談えほん (日本傑作絵本シリーズ)

徂徠どうふ 講談えほん (日本傑作絵本シリーズ)

  • 作者: 宝井 琴調
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: 単行本


「講談えほん」なので、ようするに講談を絵本にしたものですが、
「とうふ屋!とうふを一丁」と、長屋に住むお侍さんですが、
毎日「今日はこまいのがねえ」と言って、今で言う“つけ”で豆腐を食べる。
しかし、なかなかお金を払ってくれず、しまいには「出世払い」でと、言うではないか。
それでも豆腐屋は怒ることもなく、豆腐ではなく、おからをお侍さんに届け続け、
ある日熱で7日間寝込んでしまい、心配になったとうふ屋は長屋に行ってみると、
「貸家」の看板が張ってある。
数日が、豆腐屋の家が火事で焼けてしまい、途方にくれていると・・・・
というお話です。

もう1冊は、前にも紹介しましたが

なぞかけどうじょう

なぞかけどうじょう

  • 作者: 中川 ひろたか
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2014/09/08
  • メディア: 大型本


5年生にはちょうどいい感じのなぞかけで、
みんなで一生懸命考えてくれます。
本の答えよりもいい回答ではないか!というのまで出てきたり、
答えられなければ「ヒント!ヒント!」と言って頭をひねっています。
これは盛り上がり間違いなし!の1冊です。

今日も子ども達の笑顔を見れて、たのしかったな~[るんるん]
コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は2年生のめんこちゃん[るんるん]

読んだ本は・・・

いいものもらった (えほん・こどもとともに)

いいものもらった (えほん・こどもとともに)

  • 作者: 森山 京
  • 出版社/メーカー: 小峰書店
  • 発売日: 1987/12/01
  • メディア: 大型本


まごの所にいくのに、お土産を用意しているおばあちゃん。
まごは何人いたかな?とりあえず10個用意したけど、
やっぱり1個足りませんでした。
お土産をもらえなかったまごは、代わりに風呂敷をもらいました。
その風呂敷が大活躍・・・という話。

この絵本は、息子と上越に行った時に、時間があったので、
古本バーゲンで買った本でした。

もう一つは・・・

さるかに (松谷みよ子むかしむかし)

さるかに (松谷みよ子むかしむかし)

  • 作者: 松谷 みよ子
  • 出版社/メーカー: 童心社
  • 発売日: 2008/02/25
  • メディア: 単行本


「このお話知ってる?」と聞いたら、保育園のお遊戯会の劇でやった!と
教えてくれためんこちゃんがいました。
最近は新しい本に目が行きがちですが、昔話も時々読むと、
想像力が膨らむような気がします。だから、読み告がれているのでしょうね[るんるん]




コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今年最初の読み聞かせは、4年生のめんこちゃんでした[るんるん]

読んだ本は・・・

なべぶぎょういっけんらくちゃく

なべぶぎょういっけんらくちゃく

  • 作者: 穂高 順也
  • 出版社/メーカー: あかね書房
  • 発売日: 2012/02/01
  • メディア: 大型本


貧しい暮らしをしていた男が拾ったお餅が固くて食べられない!
近くのうなぎやのにおいであぶれば一石二鳥!
しかし、うなぎやの主人が「家の店のにおいが付いているからカネを払え」と。
けんかになった二人は奉行所へ。
そこでなべぶぎょうが下した判断は・・・


しげちゃん

しげちゃん

  • 作者: 室井滋
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2011/05/26
  • メディア: 大型本


俳優の室井滋さん原作の「しげちゃん」
男の子の名前で「しげる」という名前。
しげちゃんは嫌で嫌でしょうがない。
でも名前の由来を知ったとき、ちょっとしげるという名前が好きになったというお話。

めんこちゃんたちに聞いたら、ほとんどの子が自分の名前の由来を知っていて、
気に入っていることがわかりました。

今日はインフルエンザの影響もあり、みんなマスクをしていました。
この時期は必ずと言っていいほど、インフルエンザによる影響が出て、
読み聞かせが中止になることも多々あります。

昨夜の「マツコの知らない世界」では、「読み聞かせの世界」でした。
『・教育的効果は期待しない』
ついついこういう傾向に陥りそうになりますが、
その場その場を楽しむことが大事だという事は
本当に納得でした。
大人は強いメッセージを送りたがりますが、それは子どもそれぞれが
感じ取ってくれればいいだけの話。
決して大人の考えを押し付けない!コレが鉄則ですね[るんるん]

今年も子ども達との時間を大事にしていきたいと思います[本]


コメント(0) 

今日の読み聞かせ [絵本のこと]

今日は久しぶりの読み聞かせ[本]

5年生のめんこちゃんたちと楽しい時間を過ごしました。
今日読んだ本は・・・

ええところ

ええところ

  • 作者: くすのき しげのり
  • 出版社/メーカー: 学研教育出版
  • 発売日: 2012/01/01
  • メディア: 大型本


子ども達からの感想では、
「友達のいいところをみつけてあげたともちゃんがやさしいと思いました」
「手が温かいというところも、いいところなんだな、と思いました」
受け止めがなかなか深くて、子どもってすごいなーと
関心してしまいました。

もう一冊は・・・

なぞかけどうじょう

なぞかけどうじょう

  • 作者: 中川 ひろたか
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 2014/09/08
  • メディア: 大型本


なぞかけをみんなで考えるクイズ形式になっているので、
なかなか答えが出てこないと「もう降参する?」というと
「まだまだ」とか「えーちょっと待って」とか、必死に答えを
出そうとしてくれます。
5年生にはちょうど良いくらいかもしれません。
感想には「楽しかったので、なぞかけを自分で考えてみたい」
というのもありました。

なんぼめんこいんだして~の~[かわいい]

コメント(0) 

2学期の読み聞かせ [絵本のこと]

今日から2学期の読み聞かせがはじまりました。

今日は3年生のめんこちゃん[るんるん]
今日読んだ本はコレ!

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)

かわいそうなぞう (おはなしノンフィクション絵本)

  • 作者: 土家 由岐雄
  • 出版社/メーカー: 金の星社
  • 発売日: 1970/08
  • メディア: ハードカバー


8月はやはりコレを読まないわけにはいきません。
どうやら今は、教科書には載っていないようなのですが、
ぜひ知っていてほしい絵本の1つでもあります。
最後に「上野動物園に行ったら、このお墓も見てきてね」と言ったら、
前に座っていた子が「え?本当の話?」と言いました。
「本当にあった話なんだよー」というと、みんな「えー」と驚いていました。
「シャンシャン観にいったついでにでもいいから、行ってみてね」というと、
「はーい」と言ってくれました。
3年生って、一番素直に聞いてくれる最後の年代で、
4年生になってしまうと、自分を隠したり、周りを気にしたりするようになって、
絵本を読んでいても、笑ったり、意見を言ったり、という反応をしなくなります。
成長してる証なんだけど、読んでいる方としては、反応して欲しい!というのが、
正直なところ。。。
2学期もめんこちゃんたちと会えるのが、楽しみなのでした[るんるん]
コメント(0) 
前の10件 | - 絵本のこと ブログトップ