So-net無料ブログ作成
仕事のこと ブログトップ
前の10件 | -

第8回アリーナ有識者会議 [仕事のこと]

今日は最後のアリーナプロジェクト有識者会議を傍聴しました。

最初に市から業者に提案する「要求水準書(案)」概要の説明がありました。
それを受け各有識者から意見が出されました。

違和感その1
ある有識者は「こういう利便性のある場所にアリーナが造られることは・・・」と
話し始めました。
果たして本当に利便性があるでしょうか?
バスも通っていないし、大型バスも入れないし、
西側東側が道路や建物で遮断されている操車場跡地が
利便性がいいといえるのか疑問です。

違和感その2
そもそも有識者会議はアリーナをつくるかどうかも含めて話し合う会議だったはすですが、
蓋をあけてみれば、建てる作る前提で話が進んでいること

違和感その3
あれがほしい
ああしてほしい
と夢物語を語るのは自由ですが、果たして財源はどうするのでしょうか?
20億円以内で建てるのなら「どうぞどうぞ」ですけど、
建設から周辺の整備道路の拡幅、駅舎の建設などなど、
どれくらいのお金が必要なのかは、いっさい話題になりませんでした。

これで市民の意見を十分に聞いたといって、
市民の多くが知らないうちに決まってしまうのは、どうなのでしょうか?
コメント(0) 

各常任協議会 [仕事のこと]

今日は各常任協議会が開かれました。
私が所属している文教経済常任委員会では、
青森市いじめ防止対策審議会のあらたな委員が発表になりました。

5人の新たな委員が委嘱され、2年間の任期となっています。

私からは
・青森市いじめ防止対策審議会条例に基づいて設置されたものでいいか?
→はい
・条例3条2項では、重大事態に係る事実関係を明確にするための調査を行う、と
あるが、この審議会がやるのか?
→重大事態の場合は、新に臨時委員による調査部会を設置することになっている。
・臨時委員は県外県内も含め選出するのか?
→遺族や被害者に説明しながら決定する。県内県外は決めていない。
・新しい審議会の今後の計画とは?
→これまでの取り組み等を説明し、次回11月下旬か12月上旬には
 明らかになる。
・どれくらいの頻度で開催するのか?
→前回は学期に1度だったが、増えることになると思う。

木下委員からは、この委員会の概要は報告されるのか?
→HPにアップしている。

以上のようなやり取りがありました。

しかし、新たな審議会でどういう事を審議するのか?
前審議会が出した報告書はどういう位置づけをするのか?
具体的な取り組み内容などの説明が欲しかったところです・・・
コメント(0) 

予算委員会2日目 [仕事のこと]

今日の予算委員会での藤原団長の質問

駅前庁舎について
地代積算の際の敷地評価額はいくらか?
→これまでの見直しを提案してきたが・・・
 面積×評価額71万/㎡に百分の25を乗じ、権利返還比率に百分の6を乗じて積算している。
 アウガ(株)が解散するにあたり・・・(同じ答弁繰り返す)
●71万/㎡とは何を根拠にしているのか?
→平成13年当時の数字のままで、地権者との交渉をへて71万/㎡に設定した。
●なぜ71万/㎡になったのか?
→詳細は把握していない
●誰が知っているのか?
→お答えできない
藤原→わけが分からないものを使って、現在の地代をはじき出している。市民は納得しませんよ!
●その数字を今も使っている根拠は?
→当時の地価をもとに協議した。協議の中で決まったもの。
藤原→説明のつかない数字で税金を出している。調査して報告すべき!できるだけ早く市民の前に明らかにすべき。あるいは71万円を引っ込めるか!どっちかkだ!
●現在の公示価格は?
→成田本店前に19万/㎡
藤原→もっと近くの国際ホテルの通りで7万2千円/㎡だ。当時のアウガが71万なんて考えられない!
なぜ71万円になったのか?根拠も分からないのに、それをそのまま現在も使っているとなると大問題だ。
●安くしてくれ!と申し入れしたことはあるのか?
→H22年3月からH24年6月の間に5回ほど申し入れをした。
●市はどのくらいが妥当だと交渉したのか?
→敷地評価額との開きがあること。路線価格を参考にしながら見直ししてほしい!と。
●高すぎる!と思っているんでしょ?
→当時はどういう認識。
71万の根拠も示されない。高いので見直しして欲しいと要求もしない。どういう理屈でそうなるのか?到底納得できない!

圧巻だったわ~
コメント(0) 

予算委員会1日目 [仕事のこと]

今日から予算委員会がはじまりました!
私は今回予算委員ではありませんが、中村みつお市議の市役所庁舎に関する
質疑を傍聴しました。
●地代を区分所有者に支払っているが、平成13年当時のままとなっている。
市民の大切な税金である以上、現在の地価で算出しなければならない。
どのような交渉をしてきたのか?
→協議会や集会などで、見直しを提案してきた。その後、アウガ(株)が解散することになり、
 市役所庁舎のあらたな対応方針を策定し、市が管理者の役割を引き継ぐこととなった。
 あらたな管理スキームに基づき、賃借料を無償とし、一方で地代はそのままとし、修繕積立金、
 共益費は市が負担することとした。その結果、2億3千万円の債権放棄に合意する協定を結んだ。
 その後特別精算の認可が確定し、H29年11月以降このスキームにより今後も管理していくことと 
 なった。
●H29.4.1以降毎年交渉してきたのか?どのような単価を示してきたのか?
→(同じ答弁繰り返し)
●交渉はしていないんですね?
→(繰り返し)
●アウガ管理規約は昔と全く変わっていない。修繕積立金はなぜ区分所有者払わないのか?
→(同じ答弁)
地代も見直さない!共益費も払わない!市民の理解得られない!
一部区分所有者にだけ多大な便宜を払っている
●アウガ管理規約を変更する考えは?
→見直す考えはない!

普通、土地を買い取りする場合、現在の地価で交渉を行うのが当たり前なのに、
平成13年当時の地価のままで交渉するというのは、ありえないでしょ[どんっ(衝撃)]
いったい市民の税金を何だと思ってるんだ!って話し[ダッシュ(走り出すさま)]
ただそれだけよ[exclamation×2]
コメント(0) 

決算特別委員会2日目 [仕事のこと]

今日の決算委員会の私の質問

1.生活保護について
生活保護利用者の賃貸借住宅に居住している世帯の火災保険料について、
その後の支給実績を示せ。
→支給対象となるのが1573世帯そのうち656世帯に支給していなかったが、
 H302.1時点250世帯に支給。
 残り406世帯のうち希望しない39世帯を除き、367世帯に支給した。
●現在の取り扱いと今後の対応について
→領収書と申請書を提出してもらうことと、費用が捻出できない場合、
 後日領収書を確認することにし、あらかじめ支給できることを周知している。
現場での説明を徹底するように!

2.図書館について
青森市民図書館で捜査機関から任意捜査で利用者情報を求められた場合
提供するのか?拒否するのか?
→憲法35条にもとづく令状がない場合は、利用者の情報は提供しない対応をしている。
●これまで任意の照会はあったのか?→確認できない
●受付業務の外部委託職員に対する教育は行われているのか?
→この件に限らず、適切な対応をするよう指導している。
●市職員も外部委託職員も適切に対応するために「運用基準」を作るべきでは?
→現在も適切に対応している

3.性的マイノリティについて
3年間のわたる教職員の研修が終わって、今年からいったい教育委員会として
何をやっているのか?見えてこない。市教委の取り組みを示せ。
→全教育を通じて、人権教育指導をおこっている。相談しやすい環境をつくり、
 相談サポートチーム体制を整えたり、資質能力を高めている。
結局何をやっているのかわかりませんでした。

4.学校の除草剤について
WHOの外部組織である国際がん研究機関IARCが米モンサント社の除草剤「ラウンドアップ」
に含まれる化学物質「グリホサート」が「人に対しておそらく発がん性がある」と結論付けた。
市内小中学校でこのラウンドアップは使われているのか?
→市内小学校5校・中学校5校で使用されている
ただちに止めさせるように指導徹底するように!
●学校給食のパンや麺にも輸入小麦が使われていて、グリホサーとが含有されている
市内学校給食における輸入小麦は入っているのか?
→麺に一部に輸入小麦が使われている
すぐに国産にするか、グリホサートが入っていないか調査すべき
国際産婦人科連合の発生環境衛生委員会は予防原則に則り、世界規模でグリホサートの禁止を勧告を発表しています。子どもたちに一番影響を与えるものです。ただちに使用を禁止するように強く要望した!
コメント(0) 

決算特別委員会1日目 [仕事のこと]

今日から決算特別委員会がはじまりました。

天内市議の質疑
1.農業集落排水についてー水洗化の普及率
→青森9地区94.9%
 浪岡1地区61.4%
●臭気を抑えるためにどのようにしているのか?
→蓋で押さえたり、脱臭設備を設けている
●住民から苦情があった場合の対応は?
→現場に出向いて、受託者と連携し確認、機器の故障の有無、原因調査を行い、修繕改善を実施。

2.農業についてー防風網張替え事業の実績
→H28 11件 1237.7㎡ 176万7954円
 H29  9件 1092.4㎡ 152万3390円
 H30  8件 1099.95㎡ 151万812円
●ワイヤーや金具の張替えも対象にして欲しい

赤平市議の質疑
1.市営バスについてー赤字要因と改善策について
→人口減少と少子高齢化により冬期間の減、燃料価格の増などにより
 5972万円の純損失となった。
 チャレンジプラン2017の着実な実行を図る。
●不採算路線とは?
→たくさんある。人件費や燃料費などと運賃収入を見た場合で判断となる。
●冬ダイヤはいつから?→12月上旬
●便数も増えるのか?→増便?所要時間の見直しを行う
●「冬期間の減」と「冬期間の増便」とは?
→練園に比べれば減少となったということ。冬は大体2割増える
●増やす判断ということでいいか?→市全体として考えるということ。
●便数増ということは乗務員の乗る回数が増えるということか?
→年間の勤務の割り振りで対応している
●赤字解消のために利用者を増やしていく!という認識でいいか?
→増やすのは困難。現在の資源の活用や経費の縮減を図っていく。(消極的過ぎるでしょ)
●新城の緑ヶ丘団地の本数を増やす考えは?
→道路の道幅も狭く、冬は触れ違いできない。利用者も満員にならないため、考えていない。
住民要望からはじまった緑ヶ丘団地のバスには現在も市民のニーズが高い。
すれ違われないだけの増便ではなくても、1時間に最低1便でも増やすべきだ!

来週月曜日は決算委員会2日目です。
傍聴もできます。
万徳市議と私も質疑します。
コメント(0) 

今日の常任委員会 [仕事のこと]

今日は各常任委員会が開かれました。

私が所属する文教経済常任委員会の報告案件に中に
「青森市いじめ防止対策審議会について」というのがありました。

私は現在の審議会とこの審議会の違いは何か?
→この審議会は常設の審議会であり、重大事態が発生した際には、
 調査部会を設置することになる。と説明がありました。
県内在住の者から選任とあるが、前回もなかなか委員が見つからなかった経緯があるが、
その辺の見通しは?
→現在鋭意選任を進めている段階。調査部会が立ち上がった際は、被害者や関係者の
 要望がある場合は、関係団体からの推薦なども考慮する。

前回のいじめ防止対策審議会の教訓から考えれば、
青森県内在住者に限定したことが、マイナスだったことは明白ではないだろうか!
なぜ同じ失敗を繰り返すのだろう・・・青森市教育委員会は・・・
コメント(0) 

一般質問2日目 [仕事のこと]

今日は赤平市議が質問しました。

1.会計年度任用職員制度について
①スケジュールは?
→国のマニュアルに基づき条例規則給与システムの改修、職の確定などを年度内に
②臨時職員や嘱託職員の意向割合は?
→合わせて1014人31.6%の多くが移行予定。
○フルタイムとパートタイムの割合は?
→精査中
○市民サービスへの影響は?
→意味不明
○空白期間は?
→意味フ不明
○正規職員を希望した場合は?
→一般職員試験を受けていただく。
○経験は考慮されるのか?
→しん酌しない

2.保育事業について
各園の副食費・主食費を示せ
→国が示す目安どおりの額となっている
○あらたな徴収事務が発生するのではないか?
→事務的負担は発生しない
○滞納した場合などはどうするのか?
→差別的な扱いはしていない
○国は公定価格を引き下げるようだが、保育の質の低下につながるのではないか?
→園の努力義務があるため、保育の質の低下につながらない
○無料化で市の財政が軽減される額はいつ分かるのか?
→算出は難しい

3.期日前投票所について
○柳川庁舎で期日前投票を実施する考えは?
→人的確保が難しい
○可能性を視野に入れて考えるべき!

明日は万徳市議が11時ごろ
天内市議が15時半ごろに質問します。
応援よろしくお願いします[るんるん]
コメント(0) 

一般質問1日目 [仕事のこと]

今日は藤原団長が質問しました。

1.操作場跡地について
新駅に関するアンケート調査について、県と違う算定方法とした理由は?
→本市でデータを持ち合わせていないため、独自の方法で積算した。
○違うやり方で予測する必要があったのか?混乱するのでは?
→県と協議しながらすすめていく。
鉄道事業者の採算性や持続予測など、青い森鉄道への影響や利用者の運賃への
影響など考慮する必要がある。
国体まで間に合わせるなどという拙速なことのないようにするべき!

2.産廃について
市の対応について
→市内の食品加工業者が野菜くずなど廃棄物を埋めている情報提供が
警察から受け、立ち入り調査と事情確認を行った。事業者自ら速やかに撤去する
ことの申しであり、25トンを処理施設に運搬したことを確認した。
○廃棄物の運搬する際、表示義務があるはずだが、届出は行われていたのか?
→法令に即していない
○看板や囲いなどの手立ては
→法令に即していない
○いつ頃から?
→H16年用地を購入したから
 H22からは堆肥作りに
 H30年からくずと一緒に保管
○一時保管をいるものではない!
 市として告発するべきでは?
→自発的に撤去作業がおこなわれているため、告発の事案にあたらない。
市としての対応の問題が問われている!

3.マイナンバーカードについて
総務省が自治体の職員や共済組合にマイナンバーを取得するように通知が出された。
内心の自由や職場を通じて勧奨すべきでない。
市が強制して取得させるべきではない
→総務省から公務員の一斉取得依頼通知が出された。強制するものではなく、
健康保険証の理ユニ向けた事務の平準化、先行取得の協力をお願いするもの、。
R3から行われる健康保険証のカード化の実施に向け、推進について周知を図っていく。
○強制しない!といえないのか?
→(同じ答弁繰り返す)
 強制しないとはいえない!という事が明らかになった。

明日は赤平勇人市議が質問します。2時前後にはじまります!
ぜひ応援お願いします!
コメント(0) 

予算特別委員会2日目 [仕事のこと]

今日の予算委員会質疑 1.西中エレベータの設置できない理由 →3月に保護者から請願出され、対応を検討して結果、県内で可搬式昇降機を設置  している学校があり、工事不要であり、エレベータよりも安価で設置可能であることから、  西中に可搬式昇降機を設置して対応することとした。 ●西中建設に係る経費と活用する国の補助金額は? →設計の段階で34億、国の補助金が10億1243万円 ●国の大規模改修の質的整備の補助金を活用して、エレベータを設置する検討はされたのか? →? 青森市子どもの権利条例にも反する市教委の対応だ。 子どもの最善の利益のために支援すること!残念でならない[どんっ(衝撃)] 2.新入学児童学用品費についてー目的と支給額の差を示せ。 →保護者の負担軽減と将来を担う子ども達の健やかな成長と社会参加の一歩を記念したもの。  平成20年10134円→令和元年5881円 その差4546円 保護者負担がどんどん増え続けている。市教委として保護者負担軽減に取り組むこと! 3.公務支援システムについてー現在のシステムを選んだ理由について →価格だけではなく、公募型プロポーザルによって選定し、6社を審査し、決定した。 ●朝の立ち上がりの問題、30分で切れてしまう問題、出席簿の理由覧の問題、  通知表の文章表記の問題など、労働時間の短縮に繋がらない!という声を紹介。  技術的に改善が可能な課題と、習熟が必要な課題とそれぞれ教員に寄り添った  対応を求める。 4.教職員の働き方ー現在の市内で不足している教職員数とその原因は? →6月27日現在で小学校5人、中学校6人計11人  教職をめざす人が減っている、講師が減るなどの理由で補充ができない状況。  今後も独自に情報収集をしながら、補充に務める。 ●なぜ青森市だけ教員が不足教員が多いのか? →子どもの数も多いし、教職員の数も多いから。 ●単純に数が多いからという理由だけでなく、その理由があるはず。 市教委としてしっかり分析し、1日も早く配置すること。青森市で先生をやりたい!人を 増やさなければ大変なことになる。何より困っているのは子どもたち。 市の教育行政の見直し振り返りが必要! 5.市営バスについてー車内アナウンスに関する接遇指導について →運行案内マニュアルを作成し、アナウンス例を示し注意点を示している。  年2回乗務員の調査を行い、個別に改善指導を行っている。  接遇向上に務める 6.市民ホールについてー公共施設を勝手に英語教室として利用していることに対する 市の見解を求める。 →土・日・月の3日間利用しており、入学金1万円、月謝9000円、教材費年間1万3千円を  徴収しており、法人であり利用料については、今後10割増し料金を徴収することとした。 7.産業廃棄物について-市内の食品加工会社によって、加工の歳に出た野菜くずなどを不法に 投棄しているという情報が寄せられた。市は把握しているのか? →市としては現在確認中! ●違法であるという認識は? →今回のケースについては調査中 ●一般的に言って、こうした産業廃棄物を捨てた場合はどうか? →法に抵触する! ●適切に対応することを求める! 2日間の予算委員会が終わったー
コメント(0) 
前の10件 | - 仕事のこと ブログトップ